代表取締役 中井まひる


中井まひる(なかいまひる)
1980年5月15日 大阪生まれ B型 息子3人





【生い立ち・経歴】
1980年 大阪市東淀川区に生を受ける。



14歳:大阪市立東淀中学校第36期生徒会会長就任。
阪神大震災があり生徒会として救援物資、義援金集めをし「誰かの役に立つ」ことを経験。

15歳:ものづくりが好きで大阪府立港南造形高校へ進学するも諸事情あり2年で中退。
その後、駅前の居酒屋でチーママとして働きプチ経営を学ぶ。


19歳:結婚。

20歳:母となり3人息子に恵まれる。
産後太りを解消する為、夫に「淀川を走ってくる」と嘘をつき新聞配達を始める。
(嵐の日にカッパを着て出て行くところを見つかりカミングアウト)


25歳:「なんかカッコイイから」という理由で二級建築士の資格を取得。
電気設備設計の会社でCADを学び、次に鉄工会社でCAD講師と設計業務を担当する。

27歳:福祉住環境コーディネーターという資格に出会い「建築で助けが必要な方の役に立てる」とイメージしてみるとかなりしっくりくる。



28歳:建設業と介護事業を営む法人へ就職(面接で妄想し号泣する)



バリアフリー建築、福祉用具レンタル・販売、小規模デイサービス(3事業所)立ち上げ運営。主に建築・福祉用具部門を担当。



29歳:空手を始め、その後ライフワークとなる(平成29年現在/現役選手)



30歳:上記法人で取締役就任。仕事第一優先で働く日々。33歳で退職。



33歳:「起業前に勉強して今までの働き方を変えよう!」縁がありITコンサルティング会社へ就職。
ITを活用した業務効率化、従業員満足度アップ、クレド経営などについて学ぶ。

平成26年4月5日:個人事業にて「くらしの研究所」を開所。
地域密着型コミュニティスペース「かみしんくらしの研究所」を自宅1階に開所。
毎週末地域へ向けたイベントを開催する中、バリアフリー工事も継続受注。

34歳:平成27年3月20日、株式会社ソレイユ設立。リフォーム業を主軸に、地域活性化事業にも積極的に取り組む。



35歳:地域とママをつなぐ架け橋「子連れでお仕事 ちょこワク!」本格開始
(平成29年1月現在ママスタッフ13名、内10名が子連れ勤務)


水都祭(花火大会)の復活を願う(祭)ひがよど実行委員会、実行委員長就任。
東淀川区区政会議「魅力あるまちを作ろう!部会」副議長就任。


平成28年3月20日:設立1周年を期に店舗屋号を「ママのしごとば@豊里」へ変更。


36歳:7月1日ショッピングセンターバーレ(東淀川区東淡路)と縁があり、介護保険法による福祉用具レンタル・販売事業を開始。
店舗屋号は「ママのしごとば@東淡路」ショップスタッフは全て主婦、親切丁寧なお客様対応に定評あり。


平成28年11月13日:水都祭を復活させるべく「照らせ!ひがよど祭り」を淀川河川敷で開催。
300発の大輪の花火が東淀川区の秋空を照らし、5,000名を超える来場者を記録する。


現在に至る。

 

【保有資格】
二級建築士・福祉住環境コーディネーター二級・福祉用具専門相談員・増改築相談員・木造耐震診断士・クレド経営アドバイザー




中井まひるをもっと知りたい方はこちら→社長ブログを張り切って更新中